JavaScript開発環境をつくる

JavaScriptだけではないのですが、プログラミングをする為にはテキストエディタというアプリケーションが必要になります。まぁ、WindowsOSで言えば「メモ帳」、MacOSでは「テキストエディット」にあたるわけですが、世の中には、プログラミングに最適化されたとっても便利なテキストエディアというものがあり、世のプログラマー達は、プログラマー以外の人々にはよくわからない拘りと誇り、そして深い愛をもってテキストエディアを愛用しています。

もちろん、「メモ帳」や「テキストエディット」でもJavaScriptの開発ができない訳ではありませんので、「メモ帳」でも「テキストエディット」でもOKですので、自分の好みのテキストエディタを使うのが良いかと思います。

因みに私は、WindowsOSの愛用者ですので、メモ帳を!と言いたいところですが、Visual Studio Codeを使っています。

Visual Studio Code

Visual Studio Codeは、Microsoft社が開発したWindows、Linux、macOS用のソースコードエディタで高機能且つカスタマイズ性に優れたプログラミングに特化したエディタです。VisualStudioCodeは、↓のウェブページから無料でダウンロードして利用することができます。

https://code.visualstudio.com/

何度も言いますが、世の中には本当に色々なテキストエディアが存在するのですが、近い将来的にAzure上での開発をしてみたいといった方であれば、Azureとの連携機能が組み込まれているVisualStudioCodeは後々便利に感じるときが多々あるかと思いますのでおススメです。

VisualStudioCodeの基本機能となりますが、VisualStudioCodeから直接Azureアプリをビルド・実行・デバッグができるのは嬉しい機能です。もちろん、プログラミングに特化したエディタですので、GitHubとも連携しています。VisualStudioCodeの画面もシンプルでわかりやすいつくりになっているかと思いますので、テキストエディタでの開発に不慣れな人でもそんなに違和感なくプログラミングの世界に入っていくことができると思います。

Brackets

もうひとつプログラミングに特化したテキストエディア「Brackets」をご紹介しておきます。

http://brackets.io/

Brackets(ブラケッツ) は、pdfで有名なAdobe Systemsが開発するオープンソースのソースコードエディタです。Bracketsも無料で利用することができます。試したことがありませんので、何とも言えませんが、32の言語に対応し、各種専用ビジュアルツールとプリプロセッサーをサポートしていると標榜するプログラミングに特化した高機能テキストエディタです。

JavaScriptをBracketsで書いていれば、エラーも教えてくれますし、ライブプレビューといったブラウザとリアルタイムで連携し、ブラウザ上で動作を確認しながらプログラミングすることができるといった機能もあります。ブラウザで確認しながらプログラミングができると大きな手戻りの発生を未然に防ぐことができますので、とても便利で有難い機能です。

他にも定番のVimやEmacs等々々々、色々ありますので、見た目や使いやすさなどの点から好みにあうテキストエディタを選んでみてください。